要介護者用自動車の介護自動車や福祉車両の中古車をお探しの方へお安い値段・価格で中古車をお届けしています

header2.jpg

車両本体価格の他にかかる諸費用とは

車を購入した時、新車か中古車を問わず実際にその車に乗ることが出来るようになるためには、車両本体価格以外にも別途費用がかかります。一般的にかかる項目を下記にて解説します。


ただ、お客様のお住まいのご住所やご購入される車のタイプによって金額が変化しますので、具体的な金額はこのページに掲載しておりません。ご希望の車が決まって当店での購入を検討なされていらっしゃる方には、お見積り時に具体的にいくらの諸費用がかかるのかお出しいたしておりますので、この点ご了承ください。


1、消費税
福祉車両・介護用車両の自動車部分には原則として消費税はかかりません。原則から外れるのは、回転シートでリフトアップしないタイプの座席の車で、この場合は課税となります。回転シートでかつリフトアップする座席の車は原則通り非課税となります。また、回転シートでリフトアップしないタイプの座席の車でも、車いす収納装置取り付けがなされていれば免税になります。もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


2、自動車取得税、3、自動車税
障害者手帳を持っている方が介護用自動車や福祉車両を購入する場合、一定の要件を満たせば免税・減税の対象となります。一部の場合を除いて、多くのケースで免税になるとお考えになっても大丈夫です。細かい要件を確認なさりたい方はこちら(自動車税 自動車取得税)をご覧ください。


ただ、ご注意が必要な点があります。私ども福祉車両なび.com からご購入いただければ税金の減免が受けられるということではございません。

ご購入後、お客様ご自身が「障害者要件を満たすことによる免税・減税を申請する」ことで初めて、税金が戻ってくるのです。基本的に税金の戻りは還付金ですので、役所に還付請求をしなければなりません。それと同じ取扱いとなっているのです。


small.jyoseisutahhu01 .jpg4、自動車重量税
これは福祉車両か否かを問わず国の決まりでかかってくるものです。重量税早見表(国土交通省)


5、自賠責保険料、
これも法律で定められた費用になりますので、決められた額がお客様のご負担となります。金額をお知りになりたい方は、最下部 ※の 自賠責保険早見表を参考にして下さい。


6、名義変更・登録費用 7、車庫証明費用
これらは車の販売店が代行して手続きを行う場合に必要となります。専門的知識を持っている方などはご自身で行う方もいらっしゃいますが、普通は代行を頼まれる方がほとんどです。私ども福祉車両なび.comで車をご購入いただいた場合も、基本的には当店で承っております。
当店の価格はyazirushi-42-14.gif こちらとなっております。


8、リサイクル法関連費用
リサイクル法関連費用というのは、車を廃車にするときに必要となるものです。国のリサイクル法に基づき、最初に新車でその車を購入した方が1番目の費用負担者となりますが、その方が車を売るときにはリサイクル法費用の代金が戻ってくることになります(その車を次に購入する方が費用を負担することになるため)。


つまりその車を現在所有している方が一時的に費用を負担する形で、リレーのバトンのように費用が受け渡されていくイメージです。あなた様が当店から車を購入なさる場合も費用としてかかってきますが、今度はあなた様がその車を売るときに、その分の代金は戻ってくる(購入者に請求できる)という社会的な仕組みになっています。


9、納車お届けの運搬費
お客様のご自宅に車をお届けにあがるときの運搬費用です。お届けの距離に応じて差がございますが、私どもは前もって明示することによる明朗会計で、お客様に安心していただきたいと思っております。当店の運搬費はyazirushi-42-14.gif こちらをご参照ください。


ご不明な点がございましたら yazirushi-42-14.gif こちらから お問い合わせください。


※ 自賠責保険早見表

車両区分37ヶ月33ヶ月25ヶ月24ヶ月13ヶ月12ヶ月
自家用乗用車
3/5/7ナンバー
31,600円30,910円23,170円22,470円14,570円13,850円
自家用小型乗用車
4ナンバー
19,860円19,290円12,840円12,250円
軽自動車26,280円25,730円19,540円18,980円12,670円12,090円
自家用普通貨物車
1ナンバー
62,310円60,070円35,060円32,790円
最大搭載量2t以下
特殊用途車8ナンバー
42,390円40,940円24,610円23,120円


RSS2.0
ホスティング比較